ペアローンvs単独借入どちらが有利?

ペアローンvs単独借入どちらが有利? - 住まいのイロハ

ペアローンvs単独借入どちらが有利?

 

近年は、共働き世帯か増えたことで、夫婦二人で住宅ローンをケースが
増えてきました。その代表格が「ペアローン」と呼ばれる借入方法です。

 

当ページでは、「ペアローン」が単独借入と比べてどのようなメリット&デメリットが
存在するのかといった点について詳しく解説します。

 

 

 

 

1: ペアローンのメリット&デメリット

 

「ペアローン」とは、1本の住宅ローンに対して夫婦で債務を負う借入方法です。
例えば、夫婦で3,000万円を借りると仮定し、夫が2,000万円・妻が1,000万円と
いった感じで割合を決めて、それぞれが住宅ローンを借入します。

 

このペアローンにはメリットとデメリットがあります。

 

メリット:夫婦でローン控除が受けられる

 

ペアローンの最大のメリットは、「ローン控除が夫婦それぞれ受けられる」ことです。
ローンの控除上限額は、1人につき4,000万円となっており、夫婦二人では最大
8,000万円まで控除が適用されます。但し、控除額は年末時点のローン残高の
1%かつ所得税・住民税の合算の範囲内となります。

 

夫婦二人ともに高給取りであり、住宅ローンの借入額が高額になる場合は、
ペアローンの控除による恩恵が最大限受けられることになります。

 

デメリット:片方が死亡した場合、もう片方のローンは残る

ペアローンにはデメリットももちろんあります。ペアローンでは、夫が死亡した場合、
妻が借入した分のローンは残ってしまいます。ですから、夫が単独借入した場合の
住宅ローン控除額が、ペアローンの控除額合計と比べて大差ない場合は、
あえてリスクまで負ってペアローンを選ぶ必要はないかもしれません。

 

最近では、不動産業者がペアローンで試算するケースが増えてきており、
住宅ローン控除が2倍受けられてお得!という安易な考えでペアローンを
選択する方も多い為、注意が必要です。

2: 単独借入のメリット&デメリット

 

単独借入は、夫婦どちらか一方が債務者となるローンを組む方法です。
ただし、この単独借入には「収入合算」と呼ばれる借入方法があり、
夫の年収の不足分に対して、妻が連帯保証人となることで妻の年収分を
合算することができます。

 

この収入合算方式の単独借入にも、メリット&デメリットがあります。

 

単独借入のメリット

 

夫が病気や失職によって収入が途絶えた時に、妻が代わりにローンを返済する
といったリスクはペアローンと同じですが、単独借入では夫が死亡・高度障害に
なった場合に残りのローンが団信によって弁済されます。

 

単独借入ではペアローンのようにローンの返済額を按分する訳ではなく、
あくまで債務者は夫一人である為、残された妻はローンを支払い続ける必要が
なくなるという意味で遺族にとって最大のメリットがあります。

 

単独借入のデメリット

 

一方で、単独借入では基本的に夫が債務者であり、妻が連帯保証人という
立場である為、妻側にもしものことが起こったとしてもローンの返済額に変化は
ありません。ペアローンであれば、妻が負担しているローンが弁済されることに
なりますが、単独借入ではローン控除が債務者のみであるため、リスクが分散
されないというデメリットがあります。

 

「連帯債務」と「連帯保証」の違い

「連帯債務」とは、一つのローンに対して連帯(通常は夫婦)で債務を負うことです。
例えば、夫婦二人で3,000万円の住宅ローンを組んだ場合、夫婦それぞれが
借入額である3,000万円に対して返済する責任があります。どちらが一方が死亡
した場合は、片方が返済する義務を単独で負います。フラット35ではペアローンが
なく「連帯債務」でローンを組む形となります。住宅ローン控除もそれぞれ受けることが
できます。

 

「連帯保証人」とは、債務者を保証する立場であり、債務者本人の返済が滞った
場合に限り、本人の代わりに返済請求を受けることになります。
例えば、夫が3,000万円の住宅ローンの債務者となり、妻が連帯保証人となった場合、
夫にもしものことがあった場合のみ、妻に残りのローンに対する返済義務が生じます。
また、連帯保証人は団信に加入することができず、住宅ローン控除も受けられない為
契約書へのサイン前には気を付ける必要があります。

3: ペアローンと単独借入どちらを選ぶ?

 

ペアローンと単独借入どちらを選ぶかは悩ましいところです。
一昔前までは単独借入が一般的でしたが、最近では共働き世帯ではリスク分散の
意味も込めて、ペアローンを選択する世帯も増えてきているようです。

 

ペアローンは夫婦そろって住宅ローン控除が受けられるというメリットはありますが、
10年間の住宅ローン控除期間でシュミレーションしてみると分かりますが、
還付金額では、実はペアローンと単独借入でそこまで大きな差額はありません。

 

ですから、最終的には「リスクを分散するか、片方に寄せるか」といった具合に
考えて決めると良いかもしれません。例えば、夫の住宅ローン控除額が上限に
届かず、妻が住宅ローン借入後10年間はバリバリと働く予定があるのであれば
ペアローンを選ぶのが良さそうです。逆に夫の年収額がかなり高水準であり、
妻との年収額との差も数倍に及ぶ場合は、単独借入が望ましいでしょう。

 

収入合算にはご用心!

夫婦で収入合算を行うと、どちらか単独の年収よりも大きい金額を借入することも
可能なため、夫婦二人分の年収を基にに住宅ローンを組むケースが増えていますが
どちらかの収入が途絶えた場合もよく考えておく必要があります。

 

特に、子供が生まれ妻が退職して、住宅ローンの返済計画が破たんすることは
珍しくありません。他にも、どちらか転職したりキャリアチェンジしたことで収入が
激減してしまうことも多々あります。ですから、住宅ローンを組む際には、
どちらか一方に何かがあった場合でも、十分に返済を継続できるように計画
することが非常に大切となってきます。

4: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

住宅ローンの借入方法として人気のある「ペアローン」ですが、
メリットだけでなくデメリットがあることも理解できたのではないでしょうか。

 

住宅ローンの返済は長期間に渡りますので、無理のない返済計画を立てて
余裕を持って返済するように心掛けましょう。

 

【参考】住宅ローンの店舗相談 「SBIマネープラザ」

SBIマネープラザとは、住信SBIネット銀行が運営する住宅ローンの店舗型窓口です。
通常、ネット銀行では対面による住宅ローンの相談&申込みは対応していませんが
住信SBIネット銀行では全国に実店舗の窓口を設置しており、店舗スタッフと対面で
住宅ローンに関する相談をすることができます。

 

「ネット銀行の金利の低さは魅力だけど、相手の顔が見えないから不安」という方には
嬉しいサービスです。特に、住信SBIネット銀行は「低金利・充実保障・手数料なし」
という3つの大きな強みがあるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

>SBIマネープラザの3つの強みとは?

 

トップへ戻る