都市銀行vsネット銀行どちらがお得?

都市銀行vsネット銀行どちらがお得? - 住まいのイロハ

都市銀行vsネット銀行どちらがお得?

 

近年、インターネット専用銀行である「ネット銀行」が登場したことで、都市銀行のような
一般的な銀行よりも有利な条件で住宅ローンを組めるよケースが増えてきました。
しかし、「インターネットで手続きするのは不安がある・・」と思う方も多くいるはずです。

 

そこで、当ページでは、ネット銀行のメリット&デメリットを詳しく解説します。
住宅ローンの借り換えを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

1: ネット銀行のメリット

 

近年、利用者が増えつつあるネット銀行ですが、まずはネット銀行で住宅ローンを
申込むメリットについてご紹介します。

 

<ネット銀行のメリット>

  • 金利が店舗型よりも安い
  • ネットと郵送で手続きが完結する
  • 手数無料などの特典が多い

 

それぞれ詳しくご説明します。

 

 

金利が店舗型よりも安い


ネット銀行の最大のメリットは、何といっても金利の低さです。
特に変動金利においては、店舗型銀行よりも明らかに低くなっています。

 

<平成29年6月の変動金利 (最安の銀行から抜粋)>

 

ネット銀行 → 0.444%
都市銀行 → 0.625%
地方銀行 →  0.600%

 

 

0.444%は「住信SBIネット銀行」の変動金利ですが、他のネット銀行についても
軒並み低い金利となっています。ネット銀行の金利がここまで低い理由は、
実店舗を持たないことで運営コストを削減している為です。実店舗を構えると、
職員の人件費、設備費、家賃など様々なコストがかかってきます。

 

ネット銀行ではそれら経費がほぼゼロである為、超低金利が実現できています。
金利が0.1%異なると支払総額がだいぶ異なってきますので、金利の低い銀行を
選ぶことは、住宅ローンを借り換えるうえで最優先事項だと言えます。

 

ネットと郵送で手続きが完結する

ネット銀行での住宅ローン手続きは、インターネットと郵送のみで完結します。
ソニー銀行のように一部店舗を設けているネット銀行もありますが、基本的には
申込み、審査、契約の締結まで自宅で完結することができます。

 

都市銀行のような店舗型銀行で住宅ローンを申込む場合は、どうしても平日昼間に
銀行窓口まで行く必要がある為、24時間365日申込みが可能であるネット銀行は
平日多忙な方にはありがたいはずです。また、最近は「じぶん銀行」のように郵送の
やりとりを廃止して、インターネットのみでサービスを完結する銀行も出てきています。
これによって、郵送でのタイムラグがなくなり、申込みから契約締結までの時間が
大幅にカットできるようになりました。

 

 

手数無料などの特典が多い


ネット銀行のメリットとして、手数料における特典が多いことも挙げられます。
例えば、住宅ローンを組む場合、保証会社に保証料を支払うケースが殆どですが、
ネット銀行ではこの保証料を「無料」にしている銀行が比較的多いです。
加えて、住宅ローンを組む際に必ず加入する必要のある団体信用生命保険ですが、
この団体信用生命保険を無料、もしくは適用範囲を拡充している銀行もあります。
更に、ネット銀行では繰上返済手数料が無料である銀行が多いため、少額でも
コツコツと返済していくことが可能です。

 

MEMO
<事務手数料が高いネット銀行もあり!>
保証料・保険料・繰上返済手数料においてメリット多いネット銀行ですが、
事務手数料を高額に設定している一部銀行もある点に注意が必要です。
例えば、「定額で324,000円」や「融資金額の2.16%」と設定している銀行では
結果的に手数料の安さと相殺されてしまうことになります。

 

ですから、ネット銀行を利用する際は「手数料がトータルでいくらになるのか?」
といった視点でコストを確認するようにしましょう。

 

2: ネット銀行のデメリット

 

ネット銀行のデメリットとしては、主に次のような点があります。

 

<ネット銀行のデメリット>

  • 店舗型のようなキメ細やかさがない
  • 手続き完了まで時間がかかる
  • 事前に口座開設の必要あり

 

それぞれ詳しくご説明します。

 

店舗型のようなキメ細やかさがない

ネット銀行は基本的に店舗を持たない為、キメ細やかな対応ができません。
特に、申込書の内容から融資の可否を機械的に判断する為、融資不可となった
場合に「何が原因で審査に落ちたのか?」といった点が分からないことが多いです。
都市銀行や地方銀行のような対面相談ができる銀行では、融資不可となった場合、
原因について訊くことができ、融資額を下げることで審査を通過するケースもあります。
最近では、実店舗や相談窓口を設けているネット銀行も増えてきた為、もし不安が
ある場合はそのようなネット銀行を選択することをオススメします。

 

<参考:実店舗&相談窓口のあるネット銀行>

イオン銀行 イオンにて相談窓口設置店あり
楽天銀行 スカイプ(ビデオ通話)で相談可
ソニー銀行 東京駅近くに実店舗あり
ARUHI 全国に相談窓口あり

 

 

手続き完了まで時間がかかる

ネット銀行での手続きは、基本的にはインターネットと郵送で進めることになる為、
契約締結まで最低でも1ヵ月〜1ヵ月半程かかると考えておいた方が無難です。
また、申込みから仮審査、本審査の途中で書類に不備が見つかったり、追加で
書類の提出を求められる場合は、さらに時間がかかることになります。
中古物件を購入する場合、引き渡しが1ヵ月後というケースも多々ありますので、
住宅ローン審査を迅速に済ませたい方にとってはネット銀行は除外されるでしょう。

 

 

事前に口座開設の必要あり

都市銀行や地方銀行では、住宅ローン審査通過後に銀行口座を開設します。
しかし、ネット銀行では住宅ローン申込み前にあらかじめ口座開設が必要です。
その為、そのネット銀行での住宅ローン審査に落ちた場合であっても、その銀行の
口座は残ることになるのが難点です。無駄に銀行口座を増やしたくない方や、
すぐに住宅ローン審査を受ける必要のある方にとっては多少ハードルがあります。

 

MEMO
<ネット銀行の審査は意外に厳しい!?>
ネット銀行の住宅ローン審査では、入力情報と書類のみで融資可否の判断を行う為
審査基準が店舗型銀行よりもハッキリとしています。その為、機械的に融資可否を
判断されてしまう為、1つでも審査に引っかかる項目があると簡単に審査落ちすることも
あります。事実、ネット銀行の住宅ローン審査に落ちて、地方銀行の住宅ローン審査に
通過するケースはよくあるようです。

 

3: ネット銀行が向いているタイプは?

 

最後に、ネット銀行の利用が向ているタイプの方をまとめておきます。

 

<ネット銀行が向いているタイプ>

  • ネットでの手続きに抵抗がない
  • 低金利や特典を十分活用したい
  • 平日は休暇が一切取れない
  • 対面相談は必要ない
  • 引き渡しまで時間がタップリある

 

それぞれ詳しくご説明します。

 

ネットでの手続きに抵抗がない

ネット銀行の手続きは、インターネットと郵送が基本となります。実店舗や相談窓口を
設けているネット銀行でも、手続きはインターネットがメインとなっているはずです。
必要事項の入力についても、自身で申込みガイドを読み込んで進めることになる為
人によって思いのほか時間がかかってしまう場合もあります。
ですから、銀行員のサポートを受けながら着実に手続きを進めたいと考えている方は
ネット銀行ではなく、都市銀行や地方銀行などの店舗型の銀行を選ぶとよいでしょう。

 

低金利や特典を十分活用したい

ネット銀行の大きなメリットは、金利の安さと手数料における特典です。住宅ローンを
組む際には決して少額ではない諸費用がかかってきます。その為、少しでも諸費用を
抑えて低金利で住宅ローンを組みたい方にとっては、ネット銀行はオススメです。

 

平日は休暇が一切取れない

住宅ローンを新たに借入する際には、平日昼間に銀行窓口に行く必要があります。
自営業であれば融通が利くかもしれませんが、サラリーマンの方は基本的に平日は
訪問することが難しいはずです。ネット銀行であれば、24時間365日申込みが
ネット上から可能ですし、その後のやり取りについてもネット(メール)+郵送で
完結することができますので、平日時間が取れない方には最適です。

 

対面相談は必要ない

通常の銀行を利用するメリットは、銀行職員と直接対面で相談できることです。
また、住宅ローンの申込み手続きを進める際にも、分からない点があれば逐一
訊くことができるという安心感があります。もし、このような職員のサポートが不要で
自身で手続きが進められるような方は、ネット銀行がオススメです。

 

引き渡しまで時間がタップリある

ネット銀行の手続きは特性上、店舗型の銀行よりも時間がかかるのが難点です。
新築物件のように引き渡しまでに時間的余裕が十分にある場合は問題ないですが
中古物件を購入する場合は引き渡しまで日数に余裕がないケースも多い為、
ギリギリに申込むのはリスクがあります。ネット銀行で住宅ローンを申込む場合は
十分に余裕を持つようにしましょう。

4: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ネット銀行には、都市銀行や地方銀行にはない多くのメリットがあります。
反面、サービス面では店舗型には劣ってしまう面もありますので、
ご自身の要望に合わせて十分検討してみてください。

 

【参考】住宅ローンの店舗相談 「SBIマネープラザ」

SBIマネープラザとは、住信SBIネット銀行が運営する住宅ローンの店舗型窓口です。
通常、ネット銀行では対面による住宅ローンの相談&申込みは対応していませんが
住信SBIネット銀行では全国に実店舗の窓口を設置しており、店舗スタッフと対面で
住宅ローンに関する相談をすることができます。

 

「ネット銀行の金利の低さは魅力だけど、相手の顔が見えないから不安」という方には
嬉しいサービスです。特に、住信SBIネット銀行は「低金利・充実保障・手数料なし」
という3つの大きな強みがあるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

>SBIマネープラザの3つの強みとは?

 

トップへ戻る