病歴や持病は、住宅ローン審査にどう影響する?

病歴や持病は、住宅ローン審査にどう影響する? - 住まいのイロハ

病歴や持病は、住宅ローン審査にどう影響する?

 

住宅ローンの借り換えでは、借り換え先金融機関で住宅ローンを新たに借入する為、
団体信用生命保険への加入が原則必須となります。
しかし、団体信用生命保険への加入にあたって

 

「病歴があるのだけれど、住宅ローンは組めるのか?」
「持病があるのだけれど、住宅ローン審査に通るか?」

 

といった不安・心配をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
当ページでは、団体信用生命保険の加入条件や、もし加入できない場合には
どうような代替手段を取るべきかについて、詳しくをご説明します。

 

 

 

病歴(持病)の告知義務とは?

 

まず確認しておきたいのは、団信信用生命保険加入前の告知義務についてです。
病歴と一口にいっても、それまでの人生で患った全ての病歴について告知する必要はなく、
次のように現在から遡った一定期間までが告知対象となっています。

 

  • @3年以内の手術・治療歴
  • A3ヵ月以内の病院受診歴
  • B1年以内の健康診断での異常

 

@3年以内の手術・治療歴

 

現在から3年以内の期間中に、下記項目に該当する場合は告知義務があります。

 

  • 病気や怪我で手術を受けた
  • 該当する病気で、診察・検査・治療・投薬を受けた

 

「該当する病気」については、保険会社によって対象範囲が異なってきますが、
おおよそ次のような病気が該当します。もし、自身の病気が該当するかどうか
不明な場合は、申込先の金融機関で確認しておきましょう。

 

告知対象となる病気(一部抜粋)

脳卒中、狭心症、心筋梗塞、高血圧症、不整脈
不眠症、ぜんそく、肺結核、肺気腫統合失調症、うつ病、
ノイローゼ、てんかん、パニック症候群、肝炎、肝機能障害、
腎炎、尿路結石、胃潰瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎、
白内障、緑内障、がん、肉腫、腫瘍、ポリープ、白血病、
糖尿病、リウマチ、貧血症、高脂血症、 動脈瘤、静脈血栓症

 

A3ヵ月以内の病院受診歴

 

また、3ヵ月以内に保険会社が指定するる疾病に該当する場合も告知義務が
ありますが、疾病の治癒状態によっては告知不要となる場合もあります。

 

  • 告知不要の疾病(例)
  • →花粉症、虫歯、鼻炎、アトピー性皮膚炎 等

  • 完治してれば告知不要
  • →風邪、インフルエンザ、口内炎、はしか 等

  • 日常生活に支障がなければ告知不要
  • →ぎっくり腰、ヘルニア、更年期障害、火傷 等

 

但し、これらの疾病について、自覚症状があったとしても病院受診歴がない場合は
原則告知対象外となります。

 

B1年以内の健康診断での異常

 

毎年受ける健康診断や、人間ドッグの検査結果も告知対象となります。
但し、比較的健康な方であっても、1つも「異常」が無い方は稀ですので、
結果をどのように判断するかは保険会社によって異なります。

 

ちなみに、「異常」とは診断結果に次のように記載されることです。

 

  • 要再検査
  • 要精密検査
  • 要治療
  • 経過観察

 

特に、高血圧症や高脂血症などは、体質的に高い数値が出てしまう方は
多くいらっしゃいますので、そのような場合は保険会社も配慮してくれるケースも
多いようです。

 

持病があっても住宅ローンは組める?

 

「持病=住宅ローンNG」と早合点しない

「持病がある=住宅ローンが組めない」と早合点してしまう方がいらっしゃいますが、
決してそうではありません。持病といっても種類は様々ですし、体質的に完治が難しく
服薬を続けている場合や、回復の見込みがあると分かれば審査に通るケースも
多々ある為です。

 

ですから、定期的な治療・投薬を受けている場合は、治療歴や服用薬を明らかにし、
保険会社に正確に伝えることが非常に重要です。審査への影響を少なくしようと思い
曖昧に書くよりも、治療経過を詳細に書いた方が審査に通過する確率は高まります。

 

保険会社によって審査基準は異なる

 

団体信用生命保険は、借入先の金融機関が審査をするのではなく、保険会社が
自社の審査基準に則って審査することになります。ですから、住宅ローン担当者に
自身の病歴や持病の状態を伝えても、判断ができません。
これは団信に限らず、一般的な生命保険の加入条件と同じだと言えます。

 

近年では、病歴や持病ありでも加入できるような医療保険・死亡保険のプランを
用意している保険会社もありますので、ひと昔前よりは生命保険の加入条件も
柔軟になってきたような印象があります。ですから、最初から諦めることはせずに、
自身の病歴や持病があっても、加入できそうな保険会社を探することを勧めます。

 

団信加入せずとも住宅ローンは組める

後述しますが、団体信用生命保険に加入しなくとも住宅ローンを組む手段はあります。
例えば、民間の銀行の住宅ローンを組む際は、団体信用生命保険への加入が
必須となりますが、「フラット35」であれば団信への加入は任意となっています。
他にも、ワイド団信や収入保証保険などを利用する手もあります。

 

 

団体信用生命保険に加入できない場合は?

 

民間の銀行の住宅ローン審査において、団体信用生命保険への加入ができず
住宅ローンが組めなかった場合は、次のような3つの手段があります。

 

<3つの代替手段>

  • フラット35+収入保障保険を利用する
  • ワイド団信を利用する
  • 3年待って病歴をキレイにする

 

フラット35+収入保障保険を利用する

1つは、フラット35で住宅ローンを借り入れるという方法です。
フラット35では、団体信用生命保険への加入が任意となっておりますので、
病歴や持病が原因で民間の住宅ローン審査に落ちてしまった人であっても、
審査に通過する可能性は十分あります。

 

但し、保険への加入が任意と言っても、債務者が死亡した場合や、高度障害に
なった時のことを考えて、何らかの保険に加入しておくことをオススメします。
そこで、団信の代わりとして有用なのが「無配当家族収入保障保険」です。

 

この保険では、契約者が死亡した場合に、毎月定められたお金を受け取ることが
できる為、住宅ローンの支払いが滞ってしまうことを防ぐことができます。
団信のように一括返済できる訳ではない為、完済するまでの利息と時間はかかりますが
団信の高い保険料を考えると、悪くない手段だと思われます。

 

但し、気をつけるべき点としては、月々にもらえるお金が返済額を上回るように
しておくことと、持病の種類や重症度によって保険料の支払額が大きく異なる点です。

 

ワイド団信を利用する

 

ワイド団信は簡単に説明すると、通常の団信よりも加入基準が緩和された団信です。
通常の団信よりも金利が0.3%程上がりますが、ある程度の病歴や持病であれば
加入が可能となり、通常の団信と同等の保障を受けることができます。

 

但し、ワイド団信を取り扱っている銀行が限られることと、OKとする持病が銀行に
よって異なりますので注意が必要です。例えば、ワイド団信を取り扱っている銀行
としては次のようなところがあります。

 

<3つの代替手段>

  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • みずほ銀行
  • イオン銀行
  • ソニー銀行

 

加入OKの対象となる持病としては、例えば次のような疾病があります。(参考:イオン銀行)

 

加入OKの持病

糖尿病、狭心症、心筋梗塞、不整脈、高血圧症、脳卒中、うつ病、クローン病、大腸ポリープ、肝炎・ウイルス肝炎(B型肝炎・C型肝炎)、リウマチ性疾患

 

特に、現代病と言える「うつ病」で休職中の方や、「糖尿病」で投薬治療中の方は
通常の団体信用生命保険に加入できないケースが多いですが、そのような方にこそ
ワイド団信は強い味方になってくれるはずです。

 

3年待って病歴をキレイにする

 

最後の手段としては、告知義務期間となっている3年を過ぎるまで待つことです。
ガンなど一部重大な病歴を除き、3年を経過すると病歴の告知義務は消滅します。
(但し、投薬治療やリハビリを受けている場合は、告知義務が発生します)

 

住宅ローン金利は景気状況によって変動しますので、低金利の状況が続いている
今すぐにでも住宅ローンを組みたい方は、前述の2つの手段を取るのもありですが
住宅購入を焦っていないのであれば、あえて3年経過するのを待つのもありです。

4: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

病歴や持病をお持ちの方でも、住宅ローンを組むことは十分可能です。
近年は、ゼロ金利による銀行のカネ余りや、保険会社の柔軟性のあるプラン等、
住宅ローン借入希望者には追い風となってきています。

 

ですから、ぜひこの有利な状況を利用して借り換えを実現してください!

 

トップへ戻る