住宅ローン借り換え手続きで必要な書類は?

住宅ローン借り換え手続きで必要な書類は? - 住まいのイロハ

住宅ローン借り換え手続きで必要な書類は?

 

住宅ローンの借り換え手続きで必要となる書類は、思いのほか多くあります。
ですから、借り換えしたい!と思い立ったときに、直ぐに手続きに移れるように、
必要書類だけでも計画的に準備しておくことをオススメします。

 

当ページでは、借り換えで必要な書類一覧と、書類収集の時に少しでも楽をする為の
チップスをご紹介しますので、ぜひ役立ててみてください!

 

 

 

1: 借り換えで必要となる書類一覧

 

最初に、「借り換え」という言葉について、改めて確認しておきたいと思います。
住宅ローンの借り換え手続きの手順は?でも詳しくご説明しておりますので、
合わせてご確認ください。

 

借り換えってどういう意味?

 

住宅ローンの借り換えとは、かみ砕いて説明すると、
「借り換え先の銀行に、現在借入中の住宅ローンの残債分のお金を借りて、
そのお金でローンの残債を完済し、債務を借り換え先の銀行に変更すること」

ということになります。

 

要するに、借り換えと言っても特別な手順を踏むわけではなく、一旦住宅ローンを
完済して、新たに住宅ローンを組むというだけです。その為、必要となる書類は
新規借入する場合のケースと殆ど同じになります。

 

借り換えで必要となる書類一覧

 

それでは、借り換えで必要となる書類を確認してみましょう。
現在借入中の銀行から取得する書類と、借り換え先の銀行で取得する書類が
ありますので、チェックしてみてください。

 

<必要書類一覧> ※金融機関によって異なります

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 印鑑証明書
借り換え先の銀行から
取得する書類
  • 住宅ローン申込書
  • 金銭消費貸借契約書
  • 団体信用生命保険申込書
  • 適用金利に関する特約書
  • 借入利率及び返済方法に関する特約書
現在返済中の銀行から
取得する書類
  • 住宅ローン返済予定表
  • 金銭消費貸借契約書
  • 融資残高証明書
収入証明書類

    <会社員の場合>

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 住民税決定通知書
  • <個人事業主の場合>

  • 確定申告書(直近3年分)
  • 納税証明書(直近3年分)
不動産関係書類
  • 登記簿謄本
  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 工事請負契約書
その他
  • 通帳1年分のコピー(返済実績を確認)

 

提出すべき必要書類は、個人の就業形態や返済状況等によって異なってきますので
上記以外にも追加提出を求められるケースもあります。

 

借り換えでは、借り換え先での申込みから融資実行、借入中の銀行のローン完済まで
最低1ヵ月以上はかかるものと考えておきましょう。特に、インターネット経由で申し込む
ネットバンクでは基本的に郵送でやりとりを行いますので、書類に不備があると余計に
時間がかかってしまいます。

 

住宅ローン金利は、融資実行タイミングの数字が適用されますので、数ヶ月も遅れると
シュミレーションで算出した金利よりも大幅に上昇してしまう可能性もあります。
ですから、書類がキチンと揃っているか、記入事項に不備がないか何度も確認した上で
正確に手続きを進めていきましょう。

 

一部証明書はコンビニでも発行可能

マイナンバーカード(または住民基本台帳)をお持ちの方は、一部の公的証明書を
わざわざ役場に行かなくとも全国のコンビニエンスストアで発行できるようになりました。
コンビニに設置されているコピー機(キオスク端末)から、マイナンバーカードを読み取り
ご自身の証明書が発行されます。

 

発行可能な証明書は次の通りです。

 

<コンビニで発行可能な証明書>

  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 各種税証明書
  • 戸籍証明書
  • 戸籍の附票の写し

 

このうち住民票の写し、印鑑登録証明書、各種税証明書は住宅ローンの
申込みの際に必ず必要となる証明書ですので、平日多忙で役所まで行けない
サラリーマンの方は、ぜひコンビニで取得することをオススメします。
(但し、発行可能時間は毎日6:30〜23:00となっています)

 

提出書類は返却されないので注意!

住宅ローン申込時に提出した必要書類は、基本的に返却はされません!
申込先の銀行が、復元不可能な方法によって廃棄されるのが通例です。
その為、仮審査に落ちてしまい証明書を再発行するとなると大幅な時間ロスに
なりますので、可能であれば2通ずつ発行するのが良いかもしれません。

2: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

住宅ローンの借り換え手続きで必要な書類は、新規借入時よりも多いです。
ですから、借り換えタイミングを逃したくないのであれば、余裕を持って計画的に
書類を揃えることをオススメします。

 

ぜひ、満足のゆく借り換えを行ってください!(^ ^)

 

【参考】住宅ローンの店舗相談 「SBIマネープラザ」

SBIマネープラザとは、住信SBIネット銀行が運営する住宅ローンの店舗型窓口です。
通常、ネット銀行では対面による住宅ローンの相談&申込みは対応していませんが
住信SBIネット銀行では全国に実店舗の窓口を設置しており、店舗スタッフと対面で
住宅ローンに関する相談をすることができます。

 

「ネット銀行の金利の低さは魅力だけど、相手の顔が見えないから不安」という方には
嬉しいサービスです。特に、住信SBIネット銀行は「低金利・充実保障・手数料なし」
という3つの大きな強みがあるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

>SBIマネープラザの3つの強みとは?

 

トップへ戻る