住宅ローン借り換えで、一括返済手続きの手順は?

住宅ローン借り換えで、一括返済手続きの手順は? - 住まいのイロハ

借り換えの場合、一括返済手続きの手順は?

 

住宅ローンの借り換えでは、従前の銀行に一括返済の手続きを行います。
但し、通常の繰上返済とは異なり、借り換えの流れに沿って手続きを行う為、
知らずにいると面食らってしまうしまうかもしれません。

 

そこで、当ページでは、借り換えに伴う一括返済手続きの手順について
詳しく解説したいと思います。

 

 

1: 住宅ローンの一括返済とは?

 

住宅ローンの一括返済とは、「全額繰上返済」のことを指します。
つまり、金融機関からの借入しているローンを全て一度に完済してしまうことです。

 

住宅ローンの支払いでは、返済期間が長ければ長くなるほど、支払う利息も
増えますので、可能であれば繰上返済を繰り返して、短期間でローンを完済
することが、お金の節約にもなります。

 

通常、「一括返済」は退職金や保険金などのまとまった資金が入ってきた際に
実行することが多いのですが、住宅ローンの借り換えの際も、従前の銀行から
借りていたローンを一括返済することになります。

 

その時には、通常の一括返済とは少々手順も異なりますので、
前もって確認しておくと良いでしょう。

2: 一括返済手続きの手順は?

 

住宅ローンの借り換えの流れの中で、従前の銀行に一括返済する際は、
通常の新規借入時よりも少々手順が異なります。ここでは、借り換えの手順に
沿って、一括返済までの手続きの流れをご紹介します。

 

<借り換えの手順>

  • 借り換えメリット額の計算
  • 借り換え先銀行の選定
  • 借り換え先銀行へ仮審査申込み
  • 借り換え先銀行へ本審査申込み
  • 借り換え先銀行より本審査通過の連絡
  • 借入中の銀行へ一括返済申込み
  • 借り換え先銀行へ住宅ローン本申込み
  • 融資実行(借入中の銀行の一括返済完了!)
  • 借り換え先銀行への返済スタート

 

 

借り換えメリット額の計算

まずは「住宅ローンを借り換えることで、どれくらいメリットがあるのか?」といった点を
把握する必要がありますので。その為には、借り換えによる「削減額」と「諸費用」を
算出して、「削減額 > 諸費用」とならなければなりません。もし借り換えでかかる
諸費用の方が削減額を上回ってしまうと、借り換えをすることで損を被ることに
なってしまいます。「削減額」と「諸費用」の計算は、借り換えを行う上で必ず
行っておくべきことであると同時に、かなり面倒な部分でもある為、思い切って
住宅ローンの専門家にに依頼してしまうのも手です。

 

借り換え先銀行の選定

借り換えによってメリットがあることが判明したら、新規に住宅ローンの借入を申込む
金融機関を選びます。金利の低さだけで決めずになく、事務手数料や保険特約など
トータルでお得になる金融機関を選ぶようにしましょう。また、選んだ金融機関の
審査に必ずしも通るとは限らない為、タイプの異なる銀行を3つほど選び出すことを
オススメします。(例:メガバンク、ネット銀行、フラット35の3つ等)

 

借り換え先銀行へ仮審査申込み

3つほどピックアップした金融機関に同時並行で、仮審査の申し込みを行います。
仮審査にはおおよそ1週間〜2週間程かかりますので、1つずつ申し込みを行い
落ちたら次に申込むといった進め方は時間的ロスが大きい為、オススメしません。
特に、人気のネットバンクでは、申込み数に対応する事務スタッフの数が少ない
こともあり、審査結果が出るのに2週間〜かかるのもザラです。

 

仮審査は「お試し」程度の感覚で申し込めますので、せっかくであれば効率的に
借り換えを進めることを心掛けましょう。なお、仮審査の申し込みあたっては、
各種書類や証明書が必要となりますので、事前に準備しておきましょう。

 

借り換え先銀行へ本審査申込み

仮審査に通過したら、そのまま引き続き本審査の申し込みを行います。
同時並行で申し込んだ銀行の仮審査結果が出揃ってからでも構いませんが、
待っている間に金利が上昇する可能性もありますので留意しておきましょう。
仮審査は、あくまで申込先の銀行単体での審査となりますが、本審査では
保証会社や保険会社による審査がある為、審査も厳しく時間もかかります。
審査に落ちる不安が大きい方は、前もって審査項目を確認しておき対策を
打っても良いかもしれません。

 

借り換え先銀行より本審査通過の連絡

本審査の通過連絡があれば、借り換え完了まであと一息です。
もし申込んだ金融機関に全て落ちてしまった場合は、審査に落ちた原因を
特定することが重要です。原因については銀行側が開示してくれることは
ありませんので、あくまで自分自身で検証する必要があります。もしご自身で
原因が分からない場合は、ファイナンシャルプランナーや見直し相談所などに
相談すると良いでしょう。

 

借入中の銀行へ一括返済申込み

本審査の通過連絡を持って、現在借入中の銀行へ「一括返済」の旨を申し出ます。
金融機関によって一括返済手数料や、手続きの流れが異なりますので、時間に十分
余裕を持って申込むようにしましょう。

 

借り換え先銀行へ住宅ローン本申込み

本審査を通過した銀行へ、住宅ローンの借入申込みを行います。公的書類の提出も
ありますので、あらかじめ必要書類は収集しておくようにしましょう。また、新規借入では
記入書類が沢山ありますので、不備がないように慎重に記入を進めましょう。
不備があると修正して再提出することになる為、それだけで時間ロスに繋がります。

 

融資実行(借入中の銀行のローン完済!)

申込先の銀行より融資が実行され、借入中の銀行への一括返済が完了すると、
借り換えは完了となります。ちなみに、借り換え融資実行日には、銀行が指定する
司法書士が立ち会うことになります。というのは、一括返済を行った銀行の登記上の
抵当権抹消と、新たに借入した銀行の抵当権設定を直ちに行う必要がある為です。

 

借り換え先銀行への返済スタート

融資実行月の翌月から、借り換え先の銀行でのローン返済がスタートします。
1回目の返済では、融資実行月と翌月分の合計2ヵ月分の返済となりますので
口座残高には気を付けるようにしましょう。

 

以上が、一連の借り換え手続きの流れとなります。

 

登記手続きは自分でも可能!?

登記手続きは、司法書士に依頼すると1?2万円ほどかかります。
しかし、法務局で手続きのやり方を教わり、自身で行うことも可能のようです。
その場合は、登録免許税の2,000円の出費のみで済みますのでお得です。
但し、通常は銀行が司法書士を指定してきますので、もしご自身で登記を
行う場合は、借入先の銀行担当者に相談するようにしましょう。

3: 一括返済の手数料はどれくらい?

 

一括返済の手数料は、各金融機関ごとで異なっています。
ここでは参考までに、主要銀行の手数料ををご紹介したいと思います。

 

 

主要銀行の手数料

みずほ銀行 5,400円
三井住友銀行 5,400円
三菱東京UFJ銀行 10,800円
ARUHI 0円
新生銀行 0円
ソニー銀行 0円
楽天銀行 0円
イオン銀行 54,000円
住信SBIネット銀行 0円(変動)・34,000円(固定)

 

近年、借り換え先として人気のあるネット銀行では、殆どの銀行が
一括返済手数料が無料となっています。一方、店舗型の営業を主力としている
都市銀行や地方銀行では、手数料がかかるケースが多いと言えます。

4: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

住宅ローンの借り換えでは、新規借入の手続きに加えて、一括返済の手続きが
必要となってきます。一括返済にかかる手数料や、必要書類については、
借り換え先への本申込み前に確認しておくと、借り換えがスムーズに進みます。

 

【参考】住宅ローンの店舗相談 「SBIマネープラザ」

SBIマネープラザとは、住信SBIネット銀行が運営する住宅ローンの店舗型窓口です。
通常、ネット銀行では対面による住宅ローンの相談&申込みは対応していませんが
住信SBIネット銀行では全国に実店舗の窓口を設置しており、店舗スタッフと対面で
住宅ローンに関する相談をすることができます。

 

「ネット銀行の金利の低さは魅力だけど、相手の顔が見えないから不安」という方には
嬉しいサービスです。特に、住信SBIネット銀行は「低金利・充実保障・手数料なし」
という3つの大きな強みがあるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

>SBIマネープラザの3つの強みとは?

 

トップへ戻る