住宅ローン

住宅ローン

住宅ローン

2018年現在、住宅ローン借り換えのタイミングは非常に良好です。当サイトでは、住宅ローンの借り換えを検討されている方を対象に低金利のネット銀行での借り換え手段を2つご紹介しています。1つは、ネット銀行ではまだ珍しい窓口相談ができる「マネープラザ」。もう1つは、複数のネット銀行に仮審査を同時に申込める「一括審査サービス」。それぞれ、「窓口相談派」と「自己手続き派」向けのサービスとなっておりますのでぜ...

モゲチェック・プラザでは、住宅ローンの借り換え相談&代行を行っていますが、2016年4月に開始した比較的新しいサービスである為、まだ今一歩踏み出せないという方もいるのではないでしょうか。そこで、当ページでは、「無料診断サービスってどんな感じ?」「体験した感想は?受ける価値あるの?」「モゲチェックの満足度や平均削減額は?」など気になる点について、管理人の実体験をもとに詳しく解説したいと思います。:目...

「固定金利と変動金利どちらを選ぶべき?」といった疑問に正解はありません。それは、個人の資産状況、家族構成、就業環境、ライフプランなど様々な要因によって選択肢が異なってくる為です。しかし、2018年現在、2016年1月のマイナス金利導入による影響で長期固定金利と変動金利の優位性に変化が生じているという客観的事実もあります。当ページでは、住宅ローンの新規借入&借り換えを検討中の方の参考情報として、長期...

繰上返済では、全額が元金の支払いに充当されます。元金が減れば、支払う予定であった利息も当然減るため、結果として総返済額を削減することができます。しかし、繰上返済は「コツコツ」支払うパターンと「まとめてドカン」と支払うパターンでは支払う金額に差が生じてきますので、注意しなければなりません。当ページでは、繰上返済の利息の削減効果、繰上返済で選ぶべき支払パターン、繰上返済の注意点、などを詳しくご紹介して...

住宅ローンを少しでも早く完済するために繰上返済を積極的に利用している方も多いと思いますが、子供が大きくなると莫大な教育費もかかってきます。その為、教育費のことを考えずに、やみくもに繰上返済を行った結果、貯蓄が足りずに教育ローンを借りた・・・といったケースもあります。当ページでは、繰上返済と教育費の貯蓄を両立させるためにどういったことに注意すべきか?といったテーマについてご紹介します。:目次: 1:...

近年、インターネット専用銀行である「ネット銀行」が登場したことで、都市銀行のような一般的な銀行よりも有利な条件で住宅ローンを組めるよケースが増えてきました。しかし、「インターネットで手続きするのは不安がある・・」と思う方も多くいるはずです。そこで、当ページでは、ネット銀行のメリット&デメリットを詳しく解説します。住宅ローンの借り換えを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください!:目次: 1: ネット...

住宅ローンの固定金利には、「短期固定金利」と「長期固定金利」があります。「長期固定金利」の中でも全期間の金利を固定するタイプは「全期間固定金利」と呼ばれており、代表的な商品としてフラット35がありますが、最近は大手銀行も全期間固定金利を売り出しています。このように、2018年以降特に人気を集めている固定金利型の住宅ローンですが、選び方によって得する場合もあれば、損する場合も当然あります。そこで、当...

近年は、共働き世帯か増えたことで、夫婦二人で住宅ローンをケースが増えてきました。その代表格が「ペアローン」と呼ばれる借入方法です。当ページでは、「ペアローン」が単独借入と比べてどのようなメリット&デメリットが存在するのかといった点について詳しく解説します。:目次: 1: ペアローンのメリット&デメリット2: 単独借入のメリット&デメリット3: ペアローンと単独借入どちらを選ぶ?4: まとめ1: ペ...

住宅ローンを借り換える際、「団体信用生命保険」から「収入保障保険」への変更を検討している方もいるかもしれません。2017年9月までは、収入保障保険を選ぶメリットは確かにありましたが、2017年10月月以降は風向きが変わりつつあります。そこで、当ページでは、「団体信用生命保険」と「収入保障保険」の特徴やメリット&デメリットを詳しく解説したいと思います。:目次: 1: 団体信用生命保険とは2: 「収入...

住宅ローンの審査で、最も多く挙げられる心配事が「クレジットカードの問題」です。クレジットカードの使い方によっては審査の際に不利になってしまうケースもある為、審査に申込む前に、これまでの利用履歴を確認しておく必要があります。当ページでは、そんな住宅ローン審査におけるクレジットカードの影響について詳しくご紹介したいと思います。:目次: 1: クレジットカードは審査にどう影響する?2: 住宅ローン審査で...

住宅ローンの審査に申し込むには、現在返済中の借金について自己申告が必要です。クレジットカードの借入、車のローン、教育ローン、奨学金の返済状況など全ての借金状況を整理して申告しなければなりません。しかし、そんな中見落としやすいのが、「スマートフォン・携帯電話の残債」です。当ページでは、携帯電話機の残債が住宅ローン審査にどう影響するかについて、詳しくご紹介したいと思います。:目次: 1: スマホの残債...

住宅ローンを借り換えるにあたって、銀行側は借入希望者のそれまでの返済状況を細かくチェックします。ですが、そのチェックする中身については詳しく知らない方が殆どなのではないでしょうか。そこで当ページでは、住宅ローンの申込み先の銀行側が、借入希望者の返済状況を「どういった材料をもとに、どのようにチェックしているのか?」といった点について、詳しくご紹介したいと思います。:目次: 1: 住宅ローンの返済状況...

転職歴の多い方や、勤続年数が短い方は、それらがネックとなって住宅ローン審査に落ちてしまうことが最大の不安なのではないでしょうか。そこで当ページでは、転職歴や勤続年数が住宅ローン審査にどう影響するのか?といった点について詳しくご紹介したいと思います。:目次: 1: 転職歴は住宅ローン審査でどうチェックされる?2: 転職のタイミングに注意!審査通過後の盲点3: 転職直後の会社員におススメの銀行は?4:...

自営業やフリーランスで仕事をされている方は、サラリーマンに比べ住宅ローン審査に通りにくいと言われていますが、それはなぜでしょうか?当ページでは、個人事業主の方が、住宅ローン審査に通りにくい原因をご説明後、個人事業主の方も通過しやすい住宅ローンをご紹介します。:目次: 1: サラリーマンと個人事業主どちらが審査で有利か?2: 都市銀行は個人事業主にキビシイ!3: フラット35は個人事業主にやさしい!...

近年、働き方が多様化したことによって、正社員ではなく契約社員、派遣社員、パート、アルバイトといった非正規雇用で働く人が増えてきています。2015年の厚生労働省による調査結果によると、日本国内の総労働者のうち約4割程が非正規雇用で働いているとのことでした。そんな非正規雇用で働いている人の中で、これから住宅購入を検討している方には住宅ローンの審査に通るかどうかは大きな関心ごとだと思います。そこで、当ペ...

定年退職後にも住宅ローンの支払が残っており、借り換えを検討する方は多くいます。しかし、一般的に年齢を重ねると収入が下がり、借り換えのハードルが高くなるため、実際に借り換えができる人は限られてくるのが現状です。そこで、当ページでは、定年退職後に住宅ローンの借り換えができる条件や、借り換えができない場合の代替策について詳しく解説します。:目次: 1: 年金は「安定収入」として認められるのか?2: 借り...

住宅ローンの借り換えでは、借り換え先金融機関で住宅ローンを新たに借入する為、団体信用生命保険への加入が原則必須となります。しかし、団体信用生命保険への加入にあたって「病歴があるのだけれど、住宅ローンは組めるのか?」「持病があるのだけれど、住宅ローン審査に通るか?」といった不安・心配をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。当ページでは、団体信用生命保険の加入条件や、もし加入できない場合にはどうような...

住宅ローンの借り換えで、ハードルとなるのが新規借入先での「審査」です。審査では複数のチェック項目から評価されますので、それらの項目を知っておくと事前に対策することもできます。そこで、当ページでは、審査のチェック項目や事前対策、落ちた場合の対処法などについて詳しく解説していきたいと思います。:目次: 1: 銀行は審査でどんな項目をチェックしている?2: 審査前に対策できることは何?3: 審査に落ちて...

住宅ローンの借り換えを検討する上で、心配事や知っておきたい事も多いと思います。しかし、住宅ローンに関わる情報はパーソナルな側面が強い為、相談相手を間違えると余計なトラブルが生じてしまうケースもあります。そこで、当ページでは、住宅ローン借り換えの際に最適な相談相手となりうる存在をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。:目次: 1: 誰に借り換え相談をすべきか?2: どんな内容の相談をす...

住宅ローンの借り換えとは要するに、住宅ローンを新たに借り入れて返済中のローンを完済するということです。ですから、住宅ローンを借り入れ時には諸費用が発生します。住宅ローンを新たに借り入れる際、各銀行の金利ばかりに注目しがちですが、諸費用についても、十分に考慮しておくことが重要です。そこで、当ページでは、借り換えで発生する諸費用について詳しくまとめましたので借り換えの際に参考にしてみてください!:目次...

マイホームを購入した殆どの方は、住宅ローンを組んだ経験があると思われます。その時にはベストだと考えて選択した住宅ローンだと思いますが、社会的変化によって住宅ローンの金利は大きく下降するケースがあります。また、一昔前は変動金利が当たり前という風潮があったとしても、時代が変われば固定金利の方が有利になるケースもあります。特に2016年以降、日銀がマイナス金利政策を導入した影響で、長期固定金利が優位に立...

住宅ローンのベストな借り換えタイミングは、金利面の他にも多くの要素が関係します。せっかく借り換えを検討していたのに、ささいな理由で借り換えができなかったとしたらそれは非常にもったいないです。そこで、当ページでは、住宅ローンの借り換えのタイミングについて、「2018年の金利状況での借り換えはどうか?」といったストレートな部分と「自身の置かれた状況として借り換えはどうか?」といった間接的な部分から解説...

住宅ローンの借り換え手続きで必要となる書類は、思いのほか多くあります。ですから、借り換えしたい!と思い立ったときに、直ぐに手続きに移れるように、必要書類だけでも計画的に準備しておくことをオススメします。当ページでは、借り換えで必要な書類一覧と、書類収集の時に少しでも楽をする為のチップスをご紹介しますので、ぜひ役立ててみてください!:目次: 1: 借り換えで必要となる書類一覧  1.1 借り換えって...

住宅ローンの借入がスタートすると、毎年10月頃に借入先の金融機関から「住宅ローン残高証明書(融資残高証明書、年末残高証明書とも呼ぶ)」が送付されるようになります。当ページでは、この「住宅ローン残高証明書」が借り換えにどう関係してくるのか詳しくご紹介したいと思います。:目次: 1: 残高証明書は借り換えに必要?2: 残高証明書以外の必要物は?3: 残高証明書を専門家に診てもらう4: まとめ1: 住宅...

「住宅ローンを借り換えた場合、控除額や控除期間、手続きはどうなるのか?」おそらく気になる方も多いのではないでしょうか。そこで当ページでは、借り換え後の住宅ローン控除に関して、よくある疑問を詳しく解説したいと思います。:目次: 1: 住宅ローン控除って何?2: 借り換え後の住宅ローン控除はどうなる?3: 住宅ローン控除は年末調整で問題なし?4: まとめ1: 住宅ローン控除って何?最初に、住宅ローン控...

「せっかく金利が低いのだから、今年こそは住宅ローンを借り換えよう!」と思い立っても平日多忙なサラリーマンの方は、借り換えの為に時間を割くのは難しいのが現実です。2018年は、2016年のマイナス金利導入をキッカケとした超低金利の恩恵をまだ十分に受けられる年度ですので、できれば早めに借り換えを済ませたいものです。そこで、当ページでは、普段忙しくて時間が取れない方が、最小限の労力で借り換えを済ませる為...

住宅ローンの返済は長期間にわたる為、子供が大きくなって教育費が必要になったり病院で入院・手術を受けて多額の費用がかかったり、親の介護費用を捻出することになったりなど、予想外の出費で毎月のローン返済がキツくなるケースは多々あります。そのようなケースに直面した際、借り換えと同時に返済期間の延長が可能であれば毎月の返済額が減り、金銭的かつ精神的にも余裕も出てくるはずです。そこで当ページでは、借り換えにあ...

「借り換えで、仮審査申込みから融資実行までに1ヵ月以上待った!」というケースもよく聞きます。何故、これほど時間がかかるのでしょうか?当ページでは、そんな借り換えに要する時間について解説したいと思います。:目次: 1: 借り換えに時間がかかる原因は?2: 同時並行審査で効率よく進める!3: 面倒な作業は代行業者に依頼する?4: まとめ1: 借り換えに時間がかかる原因は?住宅ローンの借り換えで、時間が...

住宅ローンの借り換えでは、返済予定表(償還予定表)が必要となります。借り換えに着手する際、まずはこの「返済予定表」を読み始めることから始まります。そこで、当ページでは、「返済予定表とはいったいどういったモノか?」「返済予定表のチェックポイントは?」といった点について、詳しく解説していますので参考にしてみてください!:目次: 1: 返済予定表ってどんなモノ?2: 返済予定表のチェックポイントは?3:...

住宅ローンの借り換えでは、従前の銀行に一括返済の手続きを行います。但し、通常の繰上返済とは異なり、借り換えの流れに沿って手続きを行う為、知らずにいると面食らってしまうしまうかもしれません。そこで、当ページでは、借り換えに伴う一括返済手続きの手順について詳しく解説したいと思います。:目次: 1: 住宅ローンの一括返済とは?2: 一括返済手続きの手順は?3: 一括返済の手数料はどれくらい?4: まとめ...

住宅ローンの借り換えでは、事務手数料や保証料等の「諸費用」がかかります。諸費用の金額は、借入中の銀行や借換先の銀行の方針によって異なりますが、数十万円から最大百万円ほどに達することもあります。それでは、「諸費用を捻出できなければ、借り換えは無理なのか?」というとそんなことはなく、自己資金ゼロだっとしても諸費用そのものが借入可能です。そこで、当ページでは、自己資金が無い場合の「諸費用」をローンとして...

固定金利型住宅ローンには5年、10年、20年、35年といった具合に、固定期間にごとで商品があります。中でも、借り換えでは10年固定金利型の住宅ローンが、ここ数年で大人気となっています。それは何故でしょうか?そこで当ページでは、固定金利の中でも特に人気のある10年固定金利に焦点を当て、その理由を解説したいと思います。:目次: 1: 10年固定金利の住宅ローンとは?2: 10年固定金利が向いているタイ...

高血圧や高乳酸値をはじめ、何らかの健康状態を理由に、住宅ローンの借り換えを断念する方も少なくないようです。というのも、借り換え先の銀行で新たに住宅ローンを借入するにあたって、団体信用生命保険に加入する必要がある為です。当ページでは、高血圧を例として取り上げ、「高血圧では住宅ローンの借り換えができないのか?」「もしできないのであれば、何か代替策はあるのか?」といった点まで掘り下げて解説したいと思いま...

住宅ローンの借り換えによって、得するか損するかを正確に判断するには、返済条件(返済額、返済期間、適用金利)をよく確認する必要があります。当ページでは、「どのような条件に当てはまる場合に借り換えを行うべきか?」といった疑問や、金額的にどれくらい得かを簡単に計算できるシミュレータをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!:目次: 1: 「1,000万円、1%、10年」の考えは古い?2: 借り換え...

現在借入中の住宅ローンの金利を引き下げるには、「返済中の同銀行と交渉する」あるいは「他の銀行へ借り換える」といった2つの方法が存在します。どちらがお得になるかはケースバイケースですが、労力面では「他の銀行へ借り換える」方が確実に大きいと言えます。そこで、当ページでは、金利交渉と借り換えの2つの違いについて説明した後、金利交渉の方法を詳しくお伝えします。:目次: 1: 「金利引き下げ交渉」と「借り換...

住宅ローンを借り換えるにあたって、変動と固定どちらの金利タイプを選ぶべきか迷う方も多いのではないでしょうか。どちらの金利タイプにもメリットとデメリットが存在する為、それらをよく検討した上で選択する必要があります。そこで、当ページでは、「変動金利と固定金利、巷の人はどちらを選択しているのか?」といった点から、「2018年現在はどちらを選ぶのがメリットが大きいか?」といった点まで詳しく解説したいと思い...

トップへ戻る