住宅を購入した人の平均年収はどれくらい? - 住まいのイロハ

住宅を購入した人の平均年収はどれくらい? - 住まいのイロハ

住宅を購入した人の平均年収はどれくらい?

 

住宅の購入を考えるうえで、「家を購入した人の年収はどれくらいか?」といった点について
気になる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、当ページでは

 

「住宅を購入した人の平均世帯年収」
「年収別の住宅ローン借入額の目安」
「住宅ローン借入額は返済できる範囲内が鉄則」

 

といったテーマについて詳しく解説したいと思います。

 

 

 

 

1: 住宅を購入した人の平均世帯年収

 

住宅購入者の年収を確認する為には、国土交通省が公表している住宅市場調査の
データが参考になります。年収だけでなく、住宅種別(注文住宅・分譲住宅・中古住宅)
ごとに分類されていますので、今後住宅を購入する方には目安になるかと思います。

 

※引用した調査結果は平成24年度版(平成25年公表)のものです。

 

 

注文住宅 平均年収:580万円
400万円未満 16.4%
400〜600万円 37.9%
600〜800万円 23.2%
800〜1,000万円 7.9%
1,000〜1,200万円 2.6%
1,200万円以上 3.9%
無回答 8.1%

 

分譲住宅(建売住宅・マンション) 平均年収:645万円
400万円未満 3.1%
400〜600万円 34.4%
600〜800万円 34.1%
800〜1,000万円 13.1%
1,000〜1,200万円 3.5%
1,200万円以上 1.7%
無回答 10.1%

 

 

中古住宅 平均年収:578万円
400万円未満 12.2%
400〜600万円 40.0%
600〜800万円 28.5%
800〜1,000万円 9.5%
1,000〜1,200万円 2.9%
1,200万円以上 1.0%
無回答 5.9%

 

最多層は年収400万円〜600万円

注文住宅、分譲住宅、中古住宅いずれにおいても、購入者の最多層は世帯年収が
「400万円〜600万円」の層に該当する人となります。住宅購入者の平均年齢が
おおよそ30歳前後がとなりますので、そのことを考慮すると妥当かもしれません。

 

但し、この調査結果でで取り上げられている世帯年収となりますので、世帯主だけでなく
配偶者も働いている場合は、夫婦で合算した年収額で考えることなります。
そう考えると、例えば夫が年収300万円、妻が年収200万円程で世帯年収が500万円
くらいであっても、住宅購入に踏み切る家庭は意外に多いということになります。

 

注文住宅は年収400万円未満が多い理由

更に注目すべき点として、注文住宅の購入者の中でも400万円未満が「16.4%」も
存在するということです。この数字は、分譲住宅や中古住宅と比べても圧倒的に多く
なっています。一見すると、高額になりがちな注文住宅を購入する層は、高所得者層
が大きく占めるような気がしますが、なぜこのような結果となったのでしょうか。

 

おそらくその理由は、もともと両親や祖父母から相続した土地を所有しており、
住宅購入時に土地価格がかからない為だと考えられます。そうなると、住宅取得に
必要なコストは建築費用のみとなりだいぶ安上がりになりますので、高収入で高額な
住宅ローンを組む必要もなくなってきます。

 

中古住宅の4割は年収400万円〜600万円

中古住宅の購入者で最も多い層は、ダントツで400万円〜600万円となっています。
また、購入する層もファミリー世帯を中心としていた時代から変化が生じています。
近年、中古住宅の市場への供給量が増えてきておかげで、価格引き下げ競争が
起こりやすくなったと共に、多くの世帯からの需要も高まっています。特に、都内の
中古マンションはこれからの少子高齢社会の到来により単身世帯やシニア世帯からの
大きな需要が見込まれています。

 

中古住宅の設備や内装に関しては、リノベーションすることで自分好みに充実させる
ことが当たり前になってきましたし、耐震補強の工事をキチンと施しておけば、何十年に
渡って長く住むことができます。ですから、一昔前に比べると新築住宅にこだわる方も
減ってきている傾向があり、特に世帯年収400万円〜600万円に該当する比較的
若い世帯には支持を得ています。

2: 年収別の住宅ローン借入額の目安

 

住宅を購入する場合、殆どの方は住宅ローンを借入して購入費用に充てるはずです。
その際、「頭金はいくら用意する?」「ローンはいくら借入する?」といった金額の目安を
ご紹介したいと思います。

 

頭金はいくら用意する?

ご存じの通り、住宅購入費用に充てる資金は「頭金」と「住宅ローン借入額」の2つに
大きく分かれます(厳密には手数料等の諸費用もかかりますが、ここでは割愛)。
頭金とは住宅の一部購入費用を、自らが用意する資金のことを指します。
頭金を多く用意するほど、住宅ローンを有利な金利で借入することができますし、
総返済額も少なくて済みますので、生活はラクにはるはずです。

 

但し、貯蓄を全て頭金に充ててしまい、生活費分も残さずにスッカラカンになる事態は
絶対に避けるようにしましょう。また、病気や休職など突発的な出来事が生じて、
定期収入がストップしてしまうケースなどに備える必要がありますから、会社員であれば
最低でも6ヵ月〜1年程は無収入でも生活できる程度に貯蓄を残しておきたいものです。

 

その為、推奨する頭金の金額としては、物件価格の1割を最低ラインほどとなります。
というのも、住宅ローンの借入額は、物件価格の9割以内であれば優遇金利で
ローンを借入することができて非常にお得である為です。

 

住宅ローンはいくら借入する?

一般的に、住宅ローンの年間返済額は年収の25%以内に収まっていれば安心だと
言われてます。参考までに、住宅情報サイトSUUMOで「年収と借入額(目安)」の
関係をシミュレーションするツールがありましたので、その金額をご紹介します。

 

<設定条件>

  • 返済負担率(年間返済額が年収に占める割合)25%
  • 住宅ローン金利1.5%
  • 35年元利均等返済
  • ボーナス時加算なし

 

税込年収 借入額(目安)
300万円 2,040万円
400万円 2,700万円
500万円 3,400万円
600万円 4,080万円
700万円 4,760万円

 

借入額(目安) を確認してみると、おおよそ年収の7倍弱が目安と言えそうです。

3: 住宅ローン借入額は返済できる範囲内が鉄則

 

住宅ローンの実際の借入金額は、基本的に毎月無理なく返済できる範囲の金額に
抑えるのが鉄則となります。住宅を購入すると、住宅ローンの返済だけでなく、
毎年の固定資産税や団体信用生命保険など高額な出費が生じてきます。

 

また、マンションの場合は住宅ローンとは別に修繕積立金や駐車場代などの費用も
毎月支払うことになります。ですから、住宅購入後に毎月いくら支払うことになるのか
事前にしっかりとシミュレーションしておくことが非常に重要です。

 

世帯年収が減ることも想定する

住宅ローンを借入する際は、サラリーマンであれば直近1〜2年分の年収をベースに
借入できる金額が決まります。ですから、今後もその年収が維持できる前提で、
借入額と返済額が決まってくるということです。その為、勤めている企業が業績不振に
なってしまい収入が減ってしまったり、妻の妊娠・出産によって退職せざる得なくなり、
世帯年収が大幅に減ってしまうといったケースも十分考えられます。そのような不測の
事態においても、あせらずに支払いを継続できるように準備する必要があります。

 

外部的要因によって返済が厳しくなる場合もある

近年では、「所得控除削減」や「社会保険料の増額」「消費税率アップ」など個人の
金銭的負担が大きくなるような社会イベントが予想されます。このようなイベントが
発生すると、個人の手取り収入が減りますので、家計が厳しくなることはいうまでも
ありません。ですから、多少の外部要因には影響されない程度に、毎月の返済額を
設定しておくと良いでしょう。

 

教育費や老後資金も同時並行で貯めておく

また、住宅ローンの借入額と返済額を決める前に、子供のいる家庭では「教育費」、
夫婦が定年退職後に生活する為の「老後資金」についても貯めておく必要があります。
子供の教育費としては、学校教育費、習い事、学習塾などが対象の費用となりますが
子供が中学からまで高校まで全て公立に通って、大学のみ私立文系に入学したとしたら
おおよそ1,000万円以上はかかると見た方が良いでしょう。

4: 自分に適した住宅相談の窓口はどこ?

 

住宅を購入する上で、色々な疑問が生じてくるはずです。
例えば、
「戸建てを購入たいけど、注文住宅と建売住宅で迷ってる・・。」
「中古住宅で構わないけど、リノベーションってどうすれば良いの?」
「うちの家庭だったら、住宅ローンいくら借りるのがベストなの?」
「申込みから入居までのスケジュールってどうなるの?」
といった具合です。

 

そんな時は、自分らで悩まずに住宅購入のアドバイザーに相談してしまった方が、
客観的な意見が聞けますし、失敗することなく進むことができます。

 

ライフルホームズの運営する「住まいの窓口」がおすすめ!

住宅購入全般に関する相談ならば、大手住宅サイトを運営しているライフルホームズが
住宅購入検討者向けに「住まいの窓口」という無料相談サービスを提供しています。

 

知識とノウハウを十分に備えた住宅アドバイザーが、住宅購入全般に関する悩みや
疑問について丁寧に答えてくれますので、利用してみてはいかがでしょうか。

 

>ライフルホームズの住まいの窓口とは?

 

5: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

住宅購入の平均年収や、年収ごとの住宅ローン借入額等について詳しく確認しました。
住宅を購入する上では、世帯収入に加えて頭金に回すことのできる貯蓄額も重要です。
ぜひ最適なバランスで、家計が破綻しない範囲で住宅ローンを借り入れし、無理のない
返済計画を立ててみてください。

トップへ戻る