住宅購入相談ならホームズくんで有名な「住まいの窓口」で!

住宅購入相談ならホームズくんで有名な「住まいの窓口」で!

住宅購入の相談なら「住まいの窓口」が最初の一歩としてベスト!

 

初めての住宅購入では、検討しなければならない事が多くあります。
まず、最初に迷うことになるであろう問題が

 

「一戸建てにするか?マンションにすべきか?」
「一戸建てなら注文?建売?中古?」
「マンションなら新築?中古?リフォーム?」

 

といったところではないでしょうか。
更に、それらがようやく決まったとしても、

 

「お金(購入資金、税金、住宅ローン)」
「業者(不動産会社、ハウスメーカー、銀行)」
「スケジュール(申込み、契約、引き渡し)」

 

といった点まで、考えを巡らせるべき事が多くあります。
そこで当ページでは、住宅の購入を検討する上できっと役に立つ、

 

「住宅購入7つのステップ」
「住宅購入5つの心構え」
「住宅購入の相談所<住まいの窓口>」

 

といった3点を詳しく解説したいと思います。

 

 

 

1: 住宅購入7つのステップ

 

始めに、住宅購入の基本的な流れについてご紹介します。
一戸建てとマンション、中古住宅と新築住宅など物件の種類により多少の違いはあれど
おおまかな流れは次の7ステップが基本となりますので、ぜひ確認してみてください。

 

住宅購入7つのステップ

  • @希望物件をイメージ&資金計画
  • A物件の探索&見学
  • B購入申し込み&住宅ローン仮審査
  • C売買契約&手付金の支払い
  • D住宅ローン本審査
  • E物件の立ち合い&再確認
  • F残金支払&物件引き渡し

 

各ステップの内容を詳しくご紹介します。

 

@希望物件をイメージ&資金計画

 

「希望物件をイメージ&資金計画」に関して、詳しくご紹介します。

 

  • 希望物件をイメージ(新築or中古?一戸建てorマンション?)
  • 資金計画(住宅購入資金、住宅ローン借入額、毎月の返済額など)

 

希望物件をイメージ

住宅購入を検討する上で、初めにすることは希望する物件のイメージすることです。
住宅の種別には「新築・中古」「一戸建て・マンション」があり、更に一戸建てであれば
「注文住宅・建売住宅」などに分かれます。

 

家族間で、まずはお互いが希望する物件のイメージを話し合ってみましょう。もちろん、
すぐに結論を出す必要はなく、おおまかな感じで問題ありません。家族間で話し合いを
全く行わずに物件見学に進んでしまうと、時間を浪費する可能性が出てきますので、
最初の第一歩はお互いのイメージを共有することが大切です。

 

もしくは、後述する「住まいの窓口」のような、中立的立場の住宅アドバイザーに相談
すると、頭の中が整理されて具体的なイメージが出来上がるのでオススメです。

 

資金計画

住宅購入を検討する上で、「お金」の問題について並行して考える必要があります。
「貯蓄のうちいくらを頭金や手数料などに充てることができるか」「親族から資金援助は
あるのか」「住宅ローンでいくら借入するか」「毎月いくら支払って何年で完済するのか」
といった点について大まかに計算しておくと、いざ希望する物件が見つかり住宅ローンの
仮審査に申込む際に焦らなくて済みます。

 

資金計画を考えたところ、理想とする住宅を取得するための自己資金が足りなかったり
住宅ローンの借入額が高額となり返済が困難になりそうな場合は、購入時期を見直す
必要があります。資金計画は、各家庭の収入状況や家族構成などによって検討すべき
内容が異なりますので、フィナンシャルプランナーのようなお金の専門家に相談しながら、
資金計画を立てても良いでしょう。

 

A物件の探索&見学

 

「物件の絞り込み&見学」に関して、詳しくご紹介します。

 

  • 物件の探索
  • 物件の見学

 

物件の探索

家族間で希望物件のイメージが共有できましたら、チラシやインターネットで物件情報を
チェックしましょう。最近では、住宅情報ポータルサイト(例:HOMEs、SUUMO)を利用し
希望物件を探索するのが主流となっています。検索条件に立地・価格帯・間取り等の
希望条件を入力すると、希望に近い物件がヒットするので効率的に探索ができます。

 

物件の見学

物件情報をチェックし、気になる物件があれば不動産会社に連絡を取り、見学の予約を
取り付けましょう。特に中古物件の場合、希望条件は既に満たしている物件であり、
実物に問題がなければ即決するケースも多々ありますので、見学日時は早めに設定
することをおススメします。

 

 

B購入申し込み&住宅ローン仮審査

 

「購入申し込み&住宅ローン仮審査」に関して、詳しくご紹介します。

 

  • 購入申し込み
  • 住宅ローン仮審査

 

購入申し込み

いくつかの物件を見学後、購入する物件が決まりましたら購入の申し込みを行います。
購入の申し込みは、その物件を担当している不動産仲介会社が用意した申込書に
購入希望者がサインをして売主へ提出します。場合によっては、申し込みと同時に
「申込金」を支払うケース(通常は10万円程度)もありますので注意しましょう。

 

また、物件の価格引き下げ交渉を行う場合、申込書を提出するタイミングで行うのが
一般的です。というのも、売主側としては購入希望者の購入意思を確認できないと、
売却価格の引き下げには応じないケースが殆どの為です。価格引き下げ交渉は、
トラブルを防ぐためにも、購入希望者が不動産仲介会社を通して行いますので、
当人同士が直接行うことは基本ありません。

 

住宅ローン仮審査

購入申し込みと同タイミングで、金融機関に対して住宅ローンの事前審査(仮審査)の
申込みを行います。金融機関からの審査通過の連絡があるまでは、購入の申込みを
正式に受け付けない場合もありますので、まだ気を抜くことはできません。

 

事前審査の期間は金融機関によって差はあれど、数日〜1週間以内に結果が出ます。
但し、事前審査は金融機関が単独で審査の可否を判断するものであり、本審査では
金融機関に加えて保証会社の審査もプラスされますので、事前審査に通過したからと
いって100%本審査に通る訳ではありませんので注意しましょう。

 

 

C売買契約&手付金の支払い

 

「売買契約&手付金の支払い」に関して、詳しくご紹介します。

 

  • 売買契約
  • 手付金の支払い

 

売買契約

売主との購入価格の折り合いがつき、住宅ローンの仮審査に通過すると契約になります。
いわゆる「売買契約」と呼ばれるものであり、建売住宅や分譲マンションなどの実物が
既にある場合に交わされる契約です。売買契約書や重要事項説明書は、買主側の
希望があれば契約日よりも前に入手できますので、契約内容を事前にしっかりと確認
しておくことをオススメします。

 

売買契約当日は、不動産仲介会社から書面の内容について説明があります。
不明点や質問事項が有る場合は、このタイミングで質問するようにしましょう。
契約書に署名・捺印後は、キャンセルする場合は違約金が発生するケースが
殆どですので、必ず納得した上で契約するようにしましょう。

 

手付金の支払い

契約の際には、基本現金にて手付金を支払うことになります。手付金の金額については
特に定めは有りませんが、物件価格の5%〜10%とするケースが多いようです。
物件購入をキャンセルした場合、手付金は基本的には戻ってくることはありませんので
契約内容に納得できない場合は、場の雰囲気に流されず再検討することも大切です。

 

 

D住宅ローン本審査

 

「住宅ローン本審査」に関して、詳しくご紹介します。

 

  • 本審査の申込み&承認
  • 融資減額の場合の対処(再検討or購入中止)

 

本審査の申込み&承認

売買契約後は、住宅ローンの仮審査に通過した金融機関に対し本審査を申込みます。
本審査では、仮審査では必要のなかった書類や証明書も提出する必要がありますので
余裕をもって準備しておくとよいでしょう。

 

住宅ローンの本審査は、金融機関と保証会社の両者からの承認を得る必要がある為
おおよそ1週間〜2週間程度かかるケースが多いです。また、2月〜3月頃の住宅購入が
ピークとなる時期は、1ヵ月以上待たされることもあります。審査通過時は、すぐに連絡が
入りますので、新居への引っ越し準備は進めておきましょう。

 

融資減額の場合の対処(再検討or購入中止)

本審査の結果、融資額の減額もしくは融資不可となってしまうケースがあります。
融資額の減額の場合は、自己資金の割合を増やすか、または他の金融機関に
改めて本審査申込みを行うなどの再検討が必要です。審査基準は銀行によって
異なりますので、1つの銀行で本審査落ちした場合のリスクヘッジとして、いくつかの
銀行に仮審査を申込んでおくと安心です。

 

融資不可となってしまった場合、資金が用意できない場合は購入中止となります。
融資承認を得られないことによる売買契約解除は、解除特約(住宅ローン特約)の
対象となりますので、支払った一部代金は返還されます。不動産会社の支持に従い
適切に契約解除を行うようにしましょう。

 

 

E物件の立ち合い&再確認

 

「物件の立ち合い&再確認」に関して、詳しくご紹介します。

 

  • 物件の立ち合い(不良部分のチェック)
  • 物件の再確認(補修完了のチェック)

 

物件の立ち合い(不良部分のチェック)

住宅ローン本審査を通過すると、引き渡し前の最終確認になります。現地の物件にて
売主と買主が立ち会って、設備や施工に不良が無いかどうかをチェックしていきます。
新築住宅であれば、施工不良が見つかった場合、補修してもらうことができます。
但し、一戸建ての場合、素人目からでは配管部分や断熱部分など施工不良か
どうか判断が難しい部分もありますので、住宅診断士などの専門家にも立ち会って
もらうのも手です。立ち合い時に指摘が漏れてしまうと、後に不良部分が発覚しても
買主負担で修繕する羽目になる可能性が高くなります。

 

物件の再確認(補修完了のチェック)

物件の立ち合いにて設備不良や施工不良が発覚し、補修工事が行われた場合は
売主と買主にて再チェックが行われます。この補修工事と再チェックは、物件の不良が
完全に取り除かれるまで繰り返されます。中古住宅の場合は、売主側が事前に
ホームインスペクション(住宅の健康診断)を行うことでスムーズな引き渡しとなる場合が
多いですが、新築住宅はチェック部分が多くなる為、必然的に時間がかかります。

 

F残金支払い&物件引き渡し

 

「残金支払い&物件引き渡し」に関して、詳しくご紹介します。

 

  • 残金支払い(決済)
  • 物件引き渡し(鍵の受け渡し)

 

残金支払い(決済)

購入代金の残金を支払う「決済」は通常、平日昼間の金融機関にて行われます。
決済の場では住宅ローンの融資実行が行われ、買主の口座へ振り込まれた借入金は
即座に売主の口座へと振り込まれます。

 

決済が完了しましたら、金融機関が指定する司法書士を通じて登記申請を行います。
この登記により、物件の所有権を売主から買主へ譲渡するとともに、住宅ローンの借入を
行った金融機関による抵当権を設定します。

 

物件引き渡し(鍵の受け渡し)

決済および登記申請が完了すると、晴れて物件が売主から買主へ引き渡されます。
「引き渡し」とは、具体的には物件の鍵を売主に渡すことを指します。引き渡し以降は、
鍵の交換をしたり追加工事を行うのも、買主の自由となります。

2: 住宅購入5つの心構え

 

住宅の購入を検討する上で、ぜひ覚えておきたい点が5つあります。

 

住宅購入の5つの心構え

  • しっかり迷う
  • 遠慮しない
  • 主導権を握る
  • 契約書を確認する
  • 専門家に相談する

 

@しっかり迷う

 

一戸建て及びマンションにかかわらず、住宅の購入は人生における大きな買物です。
「住宅選びに失敗・後悔しても売ればいい!」と思う方もいるかもしれませんが、
住宅の売却額は基本的に購入額を大きく下回るケースが殆どです。ですから、
住宅選びは、多くの選択肢からしっかりと悩み、比較検討することが大切です。

 

また、新築住宅を希望する場合であっても、中古住宅も参考までに見学することを
オススメします。近年、一戸建て・マンション共に中古物件の流通量が右肩上がりに
なっており、非常に多くの選択肢があります。新築住宅と比べると、価格的にもだいぶ
有利ですし、リフォーム・リノベーションを施せば新築同然に生まれ変わるケースも
多々あります。多くの物件を見ることで目も養われますので、より失敗のない決断が
できるようにもなります。

 

A遠慮しない

 

住宅の購入では、業者(不動産会社・建築会社など)に対する遠慮は必要ありません。
住宅購入希望者の殆どは、不動産に関しては素人であるはずなので、知らないことや
疑問に思うことは沢山出てくるはずです。かといって引け目を感じる必要は全くなく、
初歩的なことであったとしても、遠慮なく質問したほうがベターです。

 

有能な営業マンであれば、買主の気持ちを汲み取って説明してくれますが、
不動産会社側からすると「売る」ことがゴールですので、買主側に不利になる情報は、
聞かれない限り教えてくれないケースもあります。ですから、「ちょっとずうずうしいかな?」
くらいの気持ちで構えて、質問や相談は遠慮なくすることをオススメします。

 

B主導権を握る

 

せっかく住宅を購入するのであれば、自分に合った住宅を納得する価格で購入したいと
思うのが普通ではないでしょうか。その為には、営業マンや売主のセールストークに乗らず
こちらが主導権を握って進めたいものです。

 

例えば、営業マンから「他にも希望者がいるので、早めに決断した方がよい」と言われても
真偽を確かめる手段はありませんし、購入を煽っているだけかもしれません。そんな時は
キッチリとNOと断る冷静さが必要です。また、売出価格があまりに強きの金額の場合は、
こちら側も強気に値下げ交渉をするのも手です。というのも、売主は値下げ交渉込みで
売出価格を設定しており、「高値で売れたらラッキー」くらいの気持ちでいる場合も多い
為です。いずれにせよ、こちら側が主導権を握ることが大切です。

 

C契約書を確認する

 

物件の売主側としては、一定期間内にできる限り高値で売りたいと思うのが普通です。
それ故、売主側にとって都合の悪い部分は、購入規模者に訊かれない限りは答えない
可能性が高いといえます。もちろん、明らかな設備不良や施工不良を黙っていることは
告知義務違反となるため売主側の責任となりますが、買主側からも主体的に怪しい
部分がないかチェックしたいものです。

 

その為には、重要事項説明や売買契約に臨む前に、事前に契約書類をしっかりと
チェックしておくことが重要です。多くの場合、売主側に不利となる事実については、
サラッと流されるか、「重要なことではない」かのように説明されるケースが多いです。
その為、聞き逃してしまうことが多くなるので、契約書面をしっかり読み込み疑問点や
不明点を明らかにしておくことが大切です。

 

D専門家に相談する

 

住宅購入を有利に進めるには、やはり専門家の力を借りることが最も安全かつ確実です。
住宅購入に関わる専門家としては、資金計画の相談ができるファイナンシャルプランナー、
住宅購入全般について相談できる住宅アドバイザー、住宅に不良部分がないかを
チェックしてもらえる住宅診断士などが存在します。

 

こういった専門家を利用する場合通常は有料となりますが、一定条件を満たせば
無料となることもありますので、ぜひ利用したいものです。仮に、有料だったとしても
住宅の購入費用に比べれば微々たる金額となりますので、物件を購入した後に
後悔する可能性をほぼゼロにできるメリットを考えれば、利用して損はありません。

3: 住宅購入の相談所「住まいの窓口」

 

住宅の購入について考え始めると、不安や疑問が出てくるのではないでしょうか。
そんな時、住宅購入に関する知識・ノウハウを備えた専門家に相談ができれば、
間違った選択をすることなく、安心かつ確実に歩を進めることができます。

 

住宅購入に関わる専門家としては、次のような職種の方達がおります。

 

〜 住宅購入に関する各相談先 〜

  • 物件情報 → 不動産会社
  • 資金のこと → FP(フィナンシャルプランナー)
  • 住宅の状態 → 住宅診断士
  • 住宅ローン → 銀行 or FP
  • 住宅購入全般 → 住宅アドバイザー

 

中でも、下記のような住宅購入全般の疑問に関して、
大局的にアドバイスを提供してくれるのが「住宅アドバイザー」です。

 

〜 住宅アドバイザーの相談範囲 〜

  • 「家のこと(新築・中古・リフォーム)」
  • 「お金のこと(費用・税金・ローン)」
  • 「業者選び(不動産会社・建築会社・銀行)」
  • 「スケジュール(工事・内覧・契約・入居)」

 

そんな住宅購入に向けて共に第一歩を踏み出してくれる住宅アドバイザーの中で
知名度・実績・評判を備えている「住まいの窓口」をご紹介します。

 

3.1 住まいの窓口の特徴

 

「住まいの窓口」は、株式会社ライフルホームズが提供する住宅購入相談サービスです。
ライフルホームズと言えば、大手住宅情報サイトであるSUUMOやアットホーム等と並ぶ
「ライフルホームズ」を運営する会社です。マスコットキャラクターのホームズくんを
起用したCMによる宣言効果もあり、知名度は抜群です。

 

「住まいの窓口」では、関東圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心とした
店舗に居るアドバイザーが家づくり・家探しに関する悩みに対して真摯に応えてくれます。
「住宅の購入を検討してるけど、まだ何も決まっておらず誰に相談すべきか分からない!
といった方には最適なサービスであり、完全無料で利用することができます。

 

>>住まいの窓口 対面相談予約

 

※2018年6月から電話相談サービスも開始されました。公式サイトから都合の良い日時を
選択し、住宅購入に関してプロに相談することができます。

 

>>住まいの窓口 電話相談予約

 

3.2 住まいの窓口の3つの強み

 

「住まいの窓口」には、主に3つの強みがあります。

 

〜 住まいの窓口の3つの強み 〜

  • 物件数No.1のライフルホームズが運営!
  • 相談無料かつ回数制限なし
  • 中立の立場からアドバイス

 

物件数No.1のライフルホームズが運営!

また、運営実績20年以上の住宅情報サイト「LIFULL HOMEs」はSUUMO(スーモ)と
並んで2大サイトとなっており、物件掲載数が2018年度にNo.1となりました。
この大規模なネットワークを活かし、取引会社2万社の中から、相談者に最適な
不動産会社や建築会社を紹介することも可能となっています。

 

相談無料かつ回数制限なし

住宅購入に関する個別相談が、「完全無料」で利用することができます。
「住まいの窓口」は、提携先の不動産会社や建築会社からの販促費用と、
業者との契約に至った際の紹介料で運営されている為、利用者側が費用を
負担することは一切ありません。また、相談回数も無制限となっていますので、
初回の相談(60分〜120分)で心残りがあった場合は、何度でも相談を
することができます。

 

中立の立場からアドバイス

「住まいの窓口」は、不動産会社ではなく特定の業者からの利益誘導を
受けている訳ではない為、「中立の立場」で相談に乗ってもらうことができます。
保険業界であれば「保険の窓口」のような中立的存在は既にありましたが、
住宅業界ではこのような客観的なアドバイスをもらえる存在は貴重です。

 

3.3 住まいの窓口の利用メリット

 

当サイト管理人が住宅購入を検討する上で、「住まいの窓口」を利用して実感した
メリットは次のような点にあります。

 

〜 住まいの窓口の3つのメリット 〜

  • 頭のモヤモヤしたイメージが整理された
  • 新築以外に選択肢があることが分かった
  • 全体のスケジュールが掴めた

 

頭のモヤモヤしたイメージが整理された

住宅アドバイザーに相談した最大のメリットは、「頭の中のイメージが整理された」点です。
住宅購入に向けて夫婦間であーだこーだと話し合いを重ねましたが、どちらも住宅事情を
知らない上、お互いのイメージをキチンと整理できずにいました。しかし、知識とノウハウを
備えたプロフェッショナルが要望を聴き取りしてくれるので、こちらが抱いているイメージを
整理して具体化してくれます。これは素人の夫婦二人では決してできない作業ですので、
この点だけにおいても相談する価値があったと感じました。

 

新築以外に選択肢があることが分かった

当初、一戸建ての新築住宅のみをターゲットとして考えていましたが、住宅アドバイザーに
相談したところ、中古住宅でもリノベーションすることにより新築住宅を購入するよりも
安上がりかつ自分好みに改築できることを知り目から鱗でした。もちろん新築住宅には
新築住宅の良さがありますが、最初から視野を狭くしてしまうとより良い選択肢があっても
気付かないまま進んでしまいます。そういった意味で、新しい視点を与えてくれた事には
とても感謝しています。

 

全体のスケジュールが掴めた

住宅を購入する上で、物件の検討から始まり申し込み〜入居までは長期間に渡る
スケジュールとなりますので、いつ頃どんなイベントがあるのか全体のスケジュールを
把握しておくと、非常に予定が立てやすくなります。この全体のスケジュール作成は
基本的に不動産会社も対応してくれませんので、非常にありがたかったです。
また、「住まいの窓口」経由の紹介で不動産会社を選んだ場合は、不動産会社との
打合せの日程調整や、担当変更などの雑務も代行してくれます。

 

3.4 住まいの窓口の利用の流れ

 

「住まいの窓口」の利用の流れは、次のようになります。

 

〜 住まいの窓口の利用の流れ 〜

  • WEB予約&来店
  • 個別相談&条件整理
  • 不動産会社の紹介(任意)

 

WEB予約&来店

「住まいの窓口」のWebサイトから、店舗・日時を予約します。
または、来店が難しい場合、自宅への出張相談も可能となっております。

 

〜 店舗場所 〜

  • 東京都
  • 新宿店、葛西店、渋谷店、銀座店、池部店、品川店、北千住店、丸の内店、立川店、吉祥寺店、日本橋店、五反田店、豊洲店、明大前店、新橋店、半蔵門店

  • 神奈川県
  • 横浜店、川崎店、武蔵小杉店

  • 埼玉県
  • 大宮店、浦和店、草加店、新越谷店、川越店

  • 千葉
  • 柏店、市原店、八千代台店、本八幡店

 

※殆どの店舗でキッズスペース・授乳スペース・オムツ交換スペースがあります。

 

>>住まいの窓口 対面相談予約

 

※2018年6月から電話相談サービスも開始されました。公式サイトから都合の
良い日時を選択し、住宅購入に関してプロに相談することができます。

 

>>住まいの窓口 電話相談予約

 

 

個別相談&条件整理

相談時間は60分〜120分程です。(希望に合わせて調整可)
専属の住宅アドバイザーが、家探し・家づくりに関する悩みや疑問に応えます。
こちら側で用意するものは特になく、何も決まっていない状態で問題ありません。
住宅の購入を考えていく上で、進め方やお金の問題など気になる点について
1つ1つ丁寧なアドバイスをもらえます。まずは、頭の中に抱いているイメージを
整理する為に、話を聞いてもらうところから始めましょう。

 

不動産会社の紹介(任意)

希望者に対しては、イメージしている理想の住宅の購入に向けて最適な
不動産会社を紹介してもらうこともできます。希望条件が変わるたびに
紹介してもらう業者を何度でも変更することもできます。不動産会社との
日程調整やキャンセルについては、「住まいの窓口」が仲介して対応します。

 

3.5 住まいの窓口のまとめ(感想)

 

初めての不動産購入では、「どう進めるべきか?」「誰に相談すべきか?」と悩んでしまい、
なかなかスムーズに歩を進められない方も多いと思います。住宅の購入は一生に何度も
あるイベントではないので、それはある意味当然のことです。

 

事実、「住まいの窓口」の営業担当者の話では、相談者の約6割は不動産会社や
ハウスメーカーの訪問経験がなく、「新築か中古か?」「注文住宅か建売住宅か?」
「戸建てかマンションか?」といった最初の段階で相談に来るとのことでした。

 

ですから、住宅に関する知識とノウハウを備えた住宅アドバイザーの力を借りた方が、
最初の一歩も踏み出しやすいですし、その後のスケジュールも立てやすくなるはずです。

 

>>住まいの窓口 対面相談予約

 

>>住まいの窓口 電話相談予約

 

4: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

住宅の購入機会は、人によっては一生に一度あるかないかです。
ですから家族間でよく話合い、慎重に決断するのはもちろん正しいですが、
間違った選択をしてしまっては悲しい思いをすることになります。

 

ですから、住宅アドバイザーなどの客観的意見も参考にすることによって
より良い選択ができるようになるはずです。

 

ぜひ、満足のゆく住宅を購入できるよう頑張ってください!(^ ^)

トップへ戻る