住宅購入時にかかる諸費用の内訳は? - 住まいのイロハ

住宅購入時にかかる諸費用の内訳は? - 住まいのイロハ

住宅購入時にかかる諸費用の内訳は?

 

家を購入する際には、物件価格以外にも多くの費用がかかってきます。
物件価格にばかり目がいき、諸費用の支払額も考慮しておかないと、
いざ住宅ローンの返済が開始してから家計がキツくなる可能性もあります。

 

そこで、当ページでは、

 

「住宅購入で生じる諸費用の内訳は?」
「諸費用のうち節約できる部分はどこ?」

 

といったテーマについて詳しく解説したいと思います。

 

 

 

 

1: 住宅購入で生じる諸費用の内訳は?

 

住宅購入時には、各シーンによって必要な費用があります。

 

不動産取得時にかかる費用

 

不動産の申込み・契約時には、おおよそ数百万円の現金が必要となりますので、
余裕をもって準備しておきましょう。

 

<不動産取得時にかかる費用>

頭金
(任意)
物件購入代金のうち、現金で支払うお金の部分のことです。残りの代金については、住宅ローンの審査通過後、銀行側の融資が下りた時点で売主の銀行口座に振り込まれるのが一般的です。頭金を用意せずに全額住宅ローンによる融資で支払うことも可能ですが、購入代金の1割を用意すると住宅ローンを有利な金利で借入することができますので、1割を目安に準備しておきたいところです。
申込証拠金
(物件費用の一部)
新築物件の購入申し込み時に、売主に対して支払うお金。購入の意思を示すためのモノであり、この時点では正式な契約ではない為、購入をキャンセルしたとしても返金される。相場金額としては2万円〜10万円が一般的。中古物件の場合は、不要なケースが大半。物件の価格交渉は、申込み証拠金を支払わないと、基本的に対応してくれないケースが多い。
手付金
(物件費用の一部)
物件の売買契約時に、買主が売主に対して支払うお金。売買契約を締結した後に、買主都合によって物件の購入をキャンセルする場合は、手付金は基本的に戻ってこない。相場金額としては物件価格の5%〜10%が一般的。但し、売主の合意が得られれば、手付金を少額に引き下げたり、ゼロにすることも可能。
印紙税 買主と売主との間で取り交わす売買契約書に貼る印紙代にかかる税金。契約金額に応じて印紙代も変動する
仲介手数料 一部の新築物件や中古物件を不動産仲介会社を通じて購入した時に、仲介会社に支払うお金。手数料の上限価格は「物件価格の3.24%+6万4800円」と決められており、下限価格は決められていない。
不動産取得税 不動産を取得した際に、支払う税金。
固定資産税・
都市計画税
毎年1月1日の時点で、不動産を所有している物に対してかかる税金。
登記費用 不動産取得時に、抵当権の設定等で必要な費用。通常は司法書士に依頼するが、自分で法務局に赴いて対応することも可能

 

住宅ローン借入時にかかる費用

 

住宅ローンの借入を行う時にも、多くの手数料がかかってきます。

 

<住宅ローン借入時にかかる費用>

保証料 融資を実行する金融機関が加入する為の保証料です。住宅ローン商品や、金融機関によって無料であったりと取り扱いが異なります。
団体信用生命保険料 借入者に万が一のことがあった場合に、ローンの残債が免除されます。金融機関によって金利に含まれる場合(ローン残高の0.3%程)と、別払いの場合など取り扱いが異なります。
融資手数料 融資金額の2%程度
火災保険料 保険会社によって金額に差あり
地震保険料 保険会社によって金額に差あり

 

 

住宅購入後にかかる費用

 

住宅購入後にかかる費用としては、次のようなものがあります。

 

<住宅購入後にかかる費用>

修繕積立基金 新築分譲マンションを購入した場合に支払うお金。物件によって金額に差あり。関東地方では20万円〜40万円台の物件が多い。
管理費 新築・中古マンションを購入した場合、毎月支払うことになるお金。物件の設備の充実度や規模などによって金額差あり。

 

その他の費用

上記の費用の他にも、「引っ越し費用」「家具・家電の購入費用」「リフォーム費用」など
人によっては身の回りの環境を整える為に、様々な出費がかかってくるはずです。

 

一般的に用意すべき諸費用の目安としては、新築物件であれば物件価格の3〜7%、
中古物件であれば物件価格の6〜10%と言われていますが、雑費を考慮していない為
実際には資金が不足する可能性が高いでしょう。

 

2: 諸費用のうち節約できる部分はどこ?

 

ご紹介した諸費用のうち、節約できる部分は次の費用となります。

 

  • 火災保険料
  • 住宅ローン斡旋手数料
  • 住宅ローン保証料
  • 登記費用

 

火災保険料

火災保険は、保険料も保証内容も保険会社によって異なります。不動産仲介会社と
提携している保険会社を選ぶのも良いですが、最近ではインターネットで一括見積を
取ることも可能ですので、即断せずに比較することをおススメします。

 

また、マンションの上階であれば、台風や大雨による水害にあう可能性は比較的
低いと考えられますので、水害に関する補償は最低限でも良いかもしれません。
加えて、補償期間は5年などの短期より、10年等の長期にした方が割引が
効きますのでお得です。

 

住宅ローン斡旋手数料

住宅ローンの書類収集や提出を不動産経由で行うと、斡旋料を取られるケースが
あります。もし、平日時間があり自分で銀行を訪問できる方は、自分で手続きを
進めた方が安上がりになります。

 

住宅ローン保証料

住宅ローン保証料とは、借入した人がローンを返済できなくなった場合、保証会社が
金融機関に対して代わりにローンを弁済してくれるようにする為の費用です。
この保証料の支払い方式には、一括払いと金利上乗せ払いの2種類がありますが、
資金に余裕がある方は一括払いで支払ってしまった方がだいぶお得です。

 

登記費用

登記手続きは通常、司法書士に代行してもらうのがスタンダードですが、自分で
法務局を訪問して手続きをすることが可能です。そうすると、司法書士への依頼分の
報酬が浮くことになります。但し、住宅ローンを借入した銀行が担当する司法書士を
指示してくる場合もありますので、そのような場合は銀行の指示に従うしかありません。

3: お金の相談もできる「住まいの窓口」

 

住宅ローン返済スタート後、カツカツの生活にならない為にも、住宅購入にかかる資金に
ついてはキッチリとシミュレーションしておき、予算を確定しておくことが重要です。

 

可能であれば、キャッシュフロー表やライフプランをまとめておくと、今度どのシーンで
どれくらいの資金が必要になるか分かるのでオススメです。

 

お金の相談もできる「住まいの窓口」

家計の相談相手といえばファイナンシャルプランナーが一般的ですが、住宅の購入費用
であれば住宅アドバイザーの方が適任です。住宅アドバイザーは、住宅購入に関する
知識全般を備えていますので、お金以外の相談も可能だからです。

 

例えば、ライフルホームズが提供している住宅の相談窓口である「住まいの窓口」は
多くの住宅購入希望者から支持を集めています。現在、住宅の購入を考えており
悩みや疑問がある人にとっては強い味方になってくれるはずですので、もし時間の
有る方は無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

 

>ライフルホームズの住まいの窓口とは?

4: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

家を買うには物件価格だけでなく、付随する様々な費用を計算する必要があります。
一見、考慮することが多く大変に感じますが、住宅アドバイザー等の専門家の力を
借りると、失敗なく着実に進めることができます。

 

ぜひ、費用の問題を解消し、理想の住宅を手に入れてください!

トップへ戻る