住宅の売却・購入・改装の疑問を解説

住まいのイロハ - 住宅の売却・購入・改装の疑問を解説!

住まいの疑問を丁寧に解説します。

 

住宅は人生において多くの場面で関わってきます。
例えば、住宅の購入、売却、改装、活用などのシーンが代表的です。

 

当サイトでは、そんな住宅に関わる様々なシーンにおける疑問について丁寧に解説します。
ぜひ、当サイトの情報を活用してみてください。

 

住宅の購入

住宅の購入は、車や保険等と並んで人生において大きな支出となるケースが多いです。
ですから、住宅購入時は誰であっても慎重になるのが大半のはずです。但し、住宅と一口に
言っても、「一戸建てとマンション」「新築と中古」「注文住宅と建売住宅」といった具合に、
住宅のタイプは様々です。ですから、まずはご自身の希望を明確にしておかないと、
時間ばかりが流れてしまい、購入まで辿り着きません。

 

まずは、配偶者や子供がいるご家庭であれば、家族全員で話し合ってそれぞれの
希望を聞き出し、どんな家に住みたいのか?といったイメージを共有することが大切です。
もし、家族で話し合ってもなかなかイメージが固まらない場合は、住宅購入における
プロフェッショナルに相談してみるのも一つの手です。

 

例えば、ホームズくんで有名なライフルホームズが提供している住宅購入相談サービスの
「住まいの窓口」では、住宅購入専門のプロフェッショナルが無料で相談に乗ってくれます。
まだ、何も決まっていない白紙の状態でも全く問題ありませんので、なかなか住宅購入の
進捗が進まない方にはオススメです。

 

>住まいの窓口とはどんな場所?

 

住宅の売却

住宅を売却するのであれば、できる限りな有利な条件で高値で売却したいのが人情でしょう。
その為には、住宅を売却する上での売値の決まる仕組みから、売り方の一連の流れまで
しっかりと理解しておく必要があります。特に、中古マンションと中古一戸建てでは、売り方から
需要まで異なりますので、しっかりと下調べしておく必要があります。

 

また、住宅を売却する上では、おそらく大半の方が不動産仲介会社を利用するはずです。
不動産仲介会社は、売却に成功した場合の成功報酬として売値の数十パーセントの
手数料を取ることになりますので、売主にとっては痛い支出と考えられがちですが、
その分様々な媒体を通して売却物件の宣伝をしてくれるという大きなメリットがあります。

 

手数料の金額や、宣伝方法、得意としているエリアなどは不動産仲介会社によって
異なりますので、しっかりと吟味したうえで依頼する会社を見極めた方がよいでしょう。
特に、一括見積りサービスでは不特定多数の不動産仲介会社に売却物件の
情報と、売主の個人情報が出回ることになりますので、利用する場合は慎重に。

 

>中古マンション査定でオススメ会社は?

 

住宅の改装

何十年も住宅に住み続けていると、徐々に劣化してくるのは避けられません。古いキッチンやトイレ、
浴室やベランダなどは、新しくリフォームすることになる可能性が高いです。住宅のリフォームでは、
施工会社によって工事費用が異なってきますので、慎重に選ぶ必要があります。とはいえ、
個人で施工会社を比較検討するのは手間と時間がかかりますので、一括見積サイトを
利用してみて複数の業者から見積もりを取って比べるのもありでしょう。

 

>キッチンのリフォーム費用は?

 

住宅の活用

住む予定、もしくは住んでいる住宅をうまく活用することで収入を得ることも可能です。
例えば、代表的な住宅活用方法が、太陽光発電や賃貸経営の2つです。

 

太陽光発電では、自宅の屋根にソーラーパネルを設置して、恒常的に得られる
電力を売却することで得られる、いわゆる売電収入が大きなメリットです。
ソーラーパネルで発電した電力は、国が10年以上にわたって買取してくれるので
パネルの設置が無駄になることはありませんし、投資としては安全です。

 

もうひとつは、マンションの一室やアパート一棟を賃貸経営する手段です。
賃貸経営では、賃貸する部屋の家主となり、店子から得られる定期的な家賃が
収入となります。一度入居してしまえば、一定期間は安定的な収入が得られるので
投資としては比較的安全な部類でしょう。

 

しかし、一方で空き室が発生してしまったり、修繕費用がかさんでしまったりなどで
利益が減ってしまうリスクもありますので、賃貸経営を始める場合はシミュレーションを
しっかりと行っておき、リスク管理を適切に行う必要があります。
通常は、賃貸経営のプロフェッショナルに依頼して、二人三脚で経営していく方が
失敗する可能性も低くなるでしょう。

 

住宅の安全

住宅購入後は、住宅の安全性についてもキッチリと考えておきたいものです。
特に、最近ではアルソックやセコムなどをはじめとしたホームセキュリティに加入する家庭が
年々増えてきており、強盗などに対する危機意識の高まりを感じます。

 

また、民間の警備会社を利用しなくとも、自分自身で自宅内に監視機器を設置し、
ある程度のセキュリティを確保する方法もあります。特に、自宅にペットを飼っていたり
高齢者が住んでいるご家庭では、見守りの一環として監視機器を設置するケースも
増えてきているようです。

 

監視機器の中にはスマホから、自宅内部の様子を観察できる製品もありますので、
目的に応じて、ホームセキュリティをしっかりと実施しておきたいところです。

 

家財の保管・整理

住宅の売却時や引っ越し時には、家財や家具を一時的に保管させる場所が必要です。
そのような場合には、レンタルスペースを活用することをおススメします。
欧米では至極一般的なレンタルスペースですが、日本ではまだ完全には普及してません。
しかし、リーズナブルな価格で、多くの荷物を保管できる便利な場所なので、
荷物を一時避難できる場所がない方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

>安いレンタルスペースはどこ?

トップへ戻る